僕は声、奥さんはシミ。

私は現在事務職に就いている25歳の男性です。そんな私にはコンプレックスがあります。そのコンプレックスは自分の声が他の人に比べて高い事です。しかも普通じゃないくらいの声の高さです。

声が高い事にコンプレックスを持っている理由は、日常生活で人と話す時に、声が高い事で人に馬鹿にされる事が時々あるからです。

私の性格は明るいので職場でコミュニケーションを取る事は、さほど苦労はしないです。しかし、時々私が声が高い事をネタにしてからかってくる人がいるので、精神がつらくなる時があります。

私が声の高さに気づいたのは中学二年生の時です。中学二年生の時に同級生に指摘された事がきっかけで自分の声の高さに気づくことになりました。

ある日、音楽の授業の時に先生が合唱コンサートに参加してくれる生徒を募集していると言いました。言った後、私の声の高さに目をつけた先生が私を無理矢理合唱コンサートに参加させました。

私が中学生の頃は勧誘の断り方をよく知らなかったので、しかたなく合唱コンサートに参加する事に決めました。コンサートの前に練習が必要で、腹式呼吸をした後に声を出す練習をしたのですが、声が極端に高いせいで女みたいな声が出てしまい、練習に参加していた参加者に笑われてしまいました。

この事がきっかけで同級生にいじめられるようになりました。そして、私が参加する事になっていた合唱コンサートは仮病を使って休む事にしました。

当然のように私が練習の時に女のような声が出た事が周りのクラスメイトに広がりました。そして私は学校のクラスメイトにいじめられるようになりました。

高校に進学してから私の高い声の事について言及してくる人はいなくなりました。しかし、声が高いのが原因で、付き合っていた彼女に幻滅されてしまい、別れる事になりました。失恋のショックが大きくしばらく立ち直れなかったです。

今は結婚して奥さんがいますが、奥さんも「シミ」というコンプレックスがありました。「シミを無くしたい」といつも言っているくらい顔のシミが嫌だったみたいです。だから最近、シミのレーザー治療をしました。それからは自分に自信を持てたようです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です